育児

親性脳 (おやせいのう)

親性?母性.父性.親性とくれば何となくご理解いただけるだろうか?      つい1ヶ月ほど前の6月19日(土)ワコール乳房文化研究会主催の「コロナ時代が変える出産.授乳.育児」zoom セミナーに参加した。講師のお一人明和政子教授は、演題「科学の視点からヒトの育ちに必要な条件を考える」で、今回も共同養育には、父親参加が不可欠と近年の「親性脳」研究成果を述べられた。   簡単に言えば、親性脳とは育児場面でよく使われる脳内ネットワークのこと。 育児について特徴的に活動する脳の働きを、「親性脳」と呼ぶことを明和教授グループは提唱している。

  Photo_20210715074701  20210627_111136何とヒトの大脳皮質が成熟するのは25歳ごろですって!!明和先生の共同養育論を初めて拝聴したのは、2016年の助産学会、京大時計台記念館で「周産期からの発達支援を目指して」と地味な題とは裏腹にアフリカ.バカ族の共同養育、赤ちゃんヘルメット(失礼)装着で、乳児の聴覚視覚を科学したオキシトシンは凄いを鮮やかに解き明かされた。                                        今回の研究手法は、①妊娠20週未満のパートナーがいる父親群と、子を持つ予定なしの統制男性群各36名が被験者。fMRI 内で育児に関する動画と関係ない動画2種ずつを提示して強く活動した脳領域を調べる。  ②参加者の唾液を採取してテストステロンとオキシトシン濃度を測定   ③育児に関する心理.行動特性インタビューした。  結果は、父親群統制群ともおむつ交換や乳児との遊びの動画に親性脳領域が強く反応したこと、もう一つは、島(とう)と呼ばれる脳領域に差異が出て、父親群はパートナーの妊娠初期から親性能が発達し始めていた。個人差がかなりあることは否めない。  Photo_20210716155401将来の美少女Aちゃんは第3子、生後まだ45日、母乳ですくすく育つ大物です。Aちゃんに見つめられ遊んでほしい!抱っこ大好き!と訴えられたらNO!は言えそうにない。父性も母性も親性も超えた人間性に訴え、ヒトの未来を明るくするこの表情。当院外来で母乳育児中の新米.ベテランママ達には必ず協力的なパートナーや地縁血縁、赤の他人応援団が存在する。母乳をあげられるのはママだけの、期間限定の特権だから、パートナーはじめ応援団は、メンタルヘルスケア、家事、上の子の送り迎え、経済面などで協力を惜しまない。 思い起こせば、恩師桶谷そとみ先生の泉南の外来を、文化人類学者ダナ.ラファエル氏(1926⁻2016)が表敬訪問されたのは33年ほど前のこと。ラファエル氏は、学者としてアジア圏やアフリカの子育てを調査研究し、自らの苦い子育て経験から、ドウーラ(ギリシア語で奴隷の意)の必要性とマザーリング.ザ.マザーを唱えた。著書「母乳哺育」や「母親の英知」は私も持っている。若い私たちは、ラファエル氏に容赦なく質問を浴びせ、「ドウーラは、奴隷の意味だが性を問わず、母親を優しくマザーリングするヒトたち、マザーリング期間?一人ずつ違うわ、長い人もほんの短期間の人も…」まさに温顔慈母の表情で答えられた。

Photo_20210717121701 Photo_20210717145401 京の7月は祇園祭一色、疫病も梅雨も新型コロナも全部吹き飛ばして、生きぬく力を出そう❣というわけで、今年は四条通周辺4基の鉾が立ちます。7月11日、鉾立の伝統技術継承をとクレーンも使って長刀の土台ができてゆく。15日、市バスと競争するようにそそり立つ長刀鉾。籤とらず巡行一番の長刀鉾などお稚児さん(小学生男子)の食事作りまで男性が担当、八坂神社への社参もお馬さんからお供まで全部男性、女性は鉾にも上れなかった…まぁまぁ京の女性は寛容ですから波風立てず、1000年以上も祇園祭は続いている。女性ばかりに育児を担わせず、男性参加はありがたいが頑張りすぎて男はつらいよ、にならないようほどほどに。                                            

1_20210715153301    15函谷鉾も11日土台作り、15日にはこの威容、函谷鉾の由来は,中国の春秋戦国時代 孟嘗君が間夜中に秦から逃れる際、鶏鳴しないと函谷関は開かない…追手は迫る!何のとりえもないと思われていた食客の一人が鶏の鳴き声を発し、それにつられて本物の鶏鳴が始まり函谷関が開いた 危機一髪逃れた鶏鳴狗盗の故事による。新型コロナは第5波に入ったとか…オリンピックはお家で見ようね、もうすぐ梅雨明け、蒸し暑い京の夏は免疫抵抗を強くして一緒に乗り切りましょう。

| | コメント (0)

Physical Distancing(フィジカル. ディスタンス) 

 母乳育児と新型コロナウイルス感染症(COVID-19)と題して、日本母乳哺育学会勉強会のライブ配信が行われたのは2月11日だった。講演は4題、講師は専門小児科医として研究者として、最新データとエビデンスに基づいたコロナ禍での母乳支援を冷静に分析して熱く語り、手探りの現場の苦しみを率直に訴えた。素晴らしい講師陣に感謝です。見逃し個所は後でオンデマンド配信もあって何回も視聴できました。
 Puroguramu  Photo_20210306174701

Tonatta-3 やっと定着しかかったソーシャル.ディスタンスはムムッ社会的孤立ですって… 今後は、物理的距離は置いても心の距離はおかないでとフィジカル.ディスタンスで母子を支援しましょう。                もう一つ、講師陣が頻繁にお使いになった言葉がダブルスタンダード。対立する基準(二重の規範)ダブルスタンダードの例として、お隣韓国では「私がやればロマンス、他人がやれば不倫」はぁスゴイ例え恐れ入りました。 新型コロナに感染(疑い)している産婦について、日本産科婦人科学会、日本産婦人科感染症学会、日本産婦人科医会の3学会合同ガイドラインは、母乳のの字もなくなく出産後の母児を分離し完全な人工乳を推進している。       

Kannsennsinai ところが日本小児科学会と日本新生児成育医学会は、感染者が新米ママになった場合、ご自分の病状や希望によって3択1、直接授乳する 2、感染していない介護者による搾母乳 3,人工乳」を選んではどうかとこれまでのデータから、新型コロナ感染したママが赤ちゃんに授乳しても、人工乳の赤ちゃんと比較してコロナ感染は同程度かむしろ低いくらい。それなら母乳のメリットを考慮して授乳するのが良いでしょうと小児科学会の医師たちは提唱している。  現在授乳中のどなたかが新型コロナに感染しても、軽症や無症状なら授乳を続けましょう‼ お母さんはもちろんお子さんも落ち着きます。

Photo_20210309151601 あ、でもね、母乳で育てるのは素晴らしいことだし、母子ともに良いことづくめでしょうが 私は、迷いやためらう気持ちがあるお母さんは、無理に母乳を選択しなくても良いと考えています。最も、母乳哺育学会の小児科医達にお勧めされたら「あのー人工乳を選択します…」とは言いだしにくい雰囲気でしたよ。ー以上報告終わりますー

Tedukurikukki3Photo_20210306192201

食べてしまうの惜しい、お手製のバレンタインクッキーをいただきました。まだ三歳になっていないと思うけど美少女Rちゃんとママの合作。半月盆に並んでいるティポット軍は、右後ろの背の高いのがオールドノリタケ、その横はウエッジウッド、今は自粛中ですが、大勢集まるとこれで紅茶をいただきます。我が家ブレンドは、フォションの茶葉ダージリン7:アールグレイ2:セイロン1です。Rちゃんクッキーもロイヤルコペンハーゲンミニポットで、ミルクティを淹れて飛び切りの美味で戴きました。

3月初めのこの季節は,二十四節気で言えば雨水うすい を過ぎて啓蟄けいちつ ですか、水ぬるむですね。

竜王の鏡の里資料館のお雛様、ある年代以上のご婦人には、七段飾りは懐かしい思い出が詰まっています。

S_20210306151901  Photo_20210306151401Photo_20210306152002

四条大橋から北を見て左は、先斗町です、早く賑やかで艶やかな先斗町を見たい。

| | コメント (0)

ソロモンの指輪

 映画「グランド.ジャーニー」が7月23日から公開中。どんな映画かと申しますと、『絶滅の危機にある渡り鳥に安全なルートを教えるため、超軽量飛行機(ULM)で 一緒に空を飛んだ気象学者クリスチャン.ムレクの実話をもとにしている。  監督の二コラ.ヴァニエさんが、学者の14歳の息子トマも渡り鳥と一緒に空を飛ぶ物語として再構築した。

  Photo_20200802090301   Photo_20200802154201   トマはゲームが大好きで、バーチャル世界にのめりこむ、世界中どこにでもいるフツーの男の子。フランスではバードマンの愛称で親しまれる学者の父親宅で、渡り鳥のガンの卵が孵化し、刷り込み現象で居合わせたトマを母親と思い込む。どこでもついてくるからやむなく世話をしているうちに、トマはガンのヒナたちに愛着を持つようになる。「刷り込み」は、動物行動学者コンラート.ローレンツ( 1903-1989)が見出した現象で、ヒナが孵化後の一定期間に見た動くものや,声を出すものを親だと認識してついて回る習性のことだ。1988年にハヤカワ書房から出た彼の著書 動物行動学入門「ソロモンの指環」は12章ありユーモアあふれる筆致で 当時はまさに目からウロコで読んだし、今でも十分楽しめる。それもそのはず、翻訳者は京大の動物行動学の草分け、あの日高敏隆さんである。最も印象的なのは、6章の生まれたばかりの雌の灰色ガン マルティナが、彼を母と思い込み行く所 すべてについて回る「刷り込み」のシーン。彼は1973年に、医学.生理学でノーベル賞を受賞している。

Photo_20200802161401 Photo_20200802131802  Photo_20200802090201ロモン王は、紀元前10世頃のイスラエルの第3代の王(シバの女王との駆け引きに満ちたラブロマンスでも有名) のこと。 彼が魔法の指輪をつけると様々な動物と会話ができたという伝説がある。ローレンツ様曰く 「けれど私は、自分のよく知っている動物となら、魔法の指環など無くても話ができる。この点では、私のほうがソロモンより一枚上手である。」  グランド.ジャー二-に戻って、トマは空を飛んでこんな世界があるんだ、ゲームの画面より現実のほうが広大で美しく感動的だと実感する。新型コロナは世界中のみんなが関係者、今までと同じ生き方はできないのだからこの経験を生かして困難に打ち勝とうというメッセージもある。

   Photo_20200803072301    20200802_065128 

Photo_20200803074001 

7月31日やっと梅雨明け、待ちかねた梅干しが始まった。梅の香気に包まれてふと夏草茂る下の庭を見て浮かんだのは、 堀本祐樹  (熊野曼陀羅2012年)の    葉は耳に耳は葉になり青葉闇  霊地 熊野の 木下闇では、作者の耳は葉になり頭上の葉は耳になって,樹木についている耳が聞き取った音も人に聞こえているのではないか…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    

 

 

 

| | コメント (0)

はつなつ(初夏)の風

起立礼着席 青葉風過ぎた   神野紗希     作者は松山市の出身、高校生の時の俳句甲子園入賞句。日直の号令で教室のざわめきが一瞬にして静まり、作者の心を吹き抜けていった清々しい青葉風。コロナ禍の中、6月から学校は再開したが、まだ分散登校で、全員そろって起立礼の掛け声は暫く聞けそうにもない。

Photo_20200604075901 Dsc_1398 Photo_20200604075902 

この季節にしかない実山椒は、一家総出で黙々と茎から実を外してまず計量 450g‼ 塩少々を入れた熱湯で2分弱ゆでたらザルに揚げて冷水をかけ冷ます。モスグリーンの実はいかにも美味しそうと一粒づつ口に放り込んで『山椒は小粒でもピリリと辛い!』を実感です。小分けして冷凍すれば魚料理はもちろん牛肉との相性抜群、京都の人はチリメン山椒やしぐれ煮が好きですね。

Yjimage  Photo_20200604092801Photo_20200604075904
はつなつの風のタイトルは、川上澄生(1985~1972)さんの版画から。栃木県鹿沼市にある記念館で実物を見たいというのは長い間のあこがれ。今なら時間はたっぷりあるのに皮肉にも移動自粛でいけそうにない…話題がややレトロですが、届いたアベノマスクは本当にチィセェ.小さいですよ。

Image Dsc_1394_20200604095502  生活様式を変えようとのお達しに従って、遠来因(オンライン)、理守応渡
(リモート) 婆茶流(バーチャル) 頭憂有務(zoom)❓❓  それって何のこと、ついてゆけそうもない。デスクトップもノートパソコンもZOOM にして、若い講師に来て頂いて猛特訓ですが、60分限度、続きは明日という具合で一向に進展しない。
ベランダの茄子は、花も可愛いが小指ほどの実がちらっと見えるのも良いし近所のおうちの庭のビワを見るのも気が休まる。  

Photo_20200604075903Photo_20200604075905

エヘン我が家、各国の茄子料理のレパートリーあります。焼きナス,ぬか漬けに始まり、田舎風茄子と帰りチリメン煮、赤味噌を使った茄子の泥亀(どんがめ)煮,揚げ茄子と干しエビとのオランダ煮、最近は電子レンジ料理も増えてレンチン茄子を割いて胡麻和えにして、ミョウガと青紫蘇を載せるのも良し。中華はおなじみ麻婆茄子ですが、最近は茄子をレンチンして実験中。イタリアのカポナータは、なすセロリとペックのオリーブオイル漬が必須、レシピが完成したら後悔、いや公開します。

 

 

 

| | コメント (0)

あなたの声を聴かせて

 美しい五月がすぐそこまで来ています。

もうすぐご出産のあなた、ご自宅にいて赤ちゃんを育てていらっしゃるあなたへ、何かお困りのことはありませんか  私たち助産師は、面識のある方は勿論 お目にかかったことがない方達にも、妊娠中 子育て中の方たちにはローバシン(老婆心=おせっかい)で何かお力になりたいといつもスタンバイしています。どうぞあなたのお声を聴かせてください。

ご自宅に籠って1日中誰とも話さなかった…なんてことが無いようにと願っています。

Mizukisiro  Photo_20200427141801  Photo_20200429194401

新型コロナの影響で、自宅で暗いニュースばかり見ていたら不安ばかりが膨らんでお身体も俯きがちになってしまいます。

育児は本当にタイヘン、日ごとに成長する赤ちゃんに授乳したりミルクを上げたり何回も抱っこ抱っこ、オムツを換えてお風呂に入れて、気がついたら腱鞘炎気味になったり肩も腕も腰も膝もパンパン。

さあ お顔を上げてご自分に言い聞かせてください。

《ヨーシ私たちは大丈夫、おっぱい(ミルク)はよく飲むし、赤ちゃんは少しづつ重くなってきて、可愛い表情も出てきた。パートナーとの関係良好な私のコロナ予防策 抜かりなし  外出時マスク、こまめな手洗い、栄養十分すぎ  休息申し分なし。それでも気にかかることがあったら、遠くにいて気をもんでいる家族や友人と話してみましょう。

メールもラインもうれしいけれど、生のお声はまた格別!あなたのお声を聴かせてほしい!

筍のお寿司作ったよ、でもいいし私の助産院で公開している簡単ローストビーフやひじきのサラダなんていかがですか

Photo_20200429194202   Photo_20200430053601

コロナに負けるな、「人事を尽くして天命を待つ」てご存じでしょうか?

中国の儒学者胡寅<コイン、1098年 – 1156年」の『読史管見(とくしかんけん)』が出典の故事成語です。
時は383年10月中国五湖十六国時代の「淝水(ヒスイ)の戦い」で東晋の宰相謝石さまが発した言葉。

華北の前秦軍117万人対する江南の東晋軍は8万5千人、謝石さまは、圧倒的不利なこの戦いに臨んで「人事を尽くして天命を待つ」と東晋軍の兵士たちに熱く語りかけます。信頼しているわが軍の兵士たちよ!

この戦いのために敵軍の調査分析をはじめ、どう戦うか 人間として準備すべきことは総て為した。

敵は大軍でも指揮命令系統が統一されない烏合の衆だから、恐れて浮足立たず 常に冷静であれ、あとは天の判定を待つばかり、そして彼は淝水の戦いに勝ったのです。

Photo_20200430084901 当方の助産院を心配してくださって、励ましのメールやお電話をたくさんいただきました。

本当にありがとうございます。私たちは、皆様をcareする立場だと思っていたのに優しいお言葉についほろりです。

嬉しいことは続きます。うちの卒業生 T君とKちゃんのママのM様がきれいな手作りマスク12枚を届けてくださいました。

マスク、シールド、予防衣、手洗い、 色々注意しながら助産院は開いています。

コロナ禍が終息したら「そんなこともあったね…」と皆様と笑顔で相まみえることを願っています。

 

| | コメント (1)

Wash your hands

節分が過ぎ、日差しが伸びてくると助産院にはお雛様が飾られる。京の上巳(桃)の節句は4月3日、まだまだ飾っていて大丈夫。お内裏様は左が殿 右が姫で関東風だが、五人囃子の両端 左近の橘、右近の桜は御所の紫宸殿に植えられている通りの配置。今年はのどかなひな祭り…とはゆかない。新型コロナが  世界中で猛威と恐怖をまき散らし、見えない敵と私たちは戦争している状態。毎日ニュースで見る感染者数増加が怖い、あまたのスポーツイベント中止のさなか、東京オリンピックはどうなるのか?その時に照準を合わせてトレーニングしている選手達は?

A  Photo_20200319084201Wash-your-hands_20200318174501

うちの助産院のママたちも玄関でまずウエルパス消毒、洗面所直行で親子仲良く手を洗いましょ!です。2月中旬から、重症の乳腺炎の患者様がおられ、早朝7時過ぎからの診察開始が続いていた。幸い順調に回復されたが,助産師としてはいろいろ悔いが残る。今にも乳腺膿瘍が自壊しそうな初診時の衝撃、自壊した時のセルフケアを説明して滅菌ガーゼ他をお渡ししておいた。自壊したとスマホに連絡があり、翌日の7時にお越し下さいと話すと「そこでは何をしてくれるのですか?助産師さんに診てもらうと必ず悪化した」と冷たい口ぶりだった。当院は電話相談は原則受け付けておりませんが、乳腺炎症状でお困りの方は、どうぞご相談下さいませ。お近くの桶谷式相談室を紹介いたしますし、微力ですが私どももお力添えいたします。コロナ疲れなどもっての他、生まれて間もない「うまく飲めない」赤ちゃんたち多数と大ママたちは、午後診察に来て頂き和気あいあい。私たちが元気でいなければと、旅行も外食もすべて控えて家と職場の往復、レタスもトマトも加熱加熱、冷凍庫にあるものも底をつき慌ててデパチカに買い出しに走る始末。

Photo_20200316164701   S  Photo_20200319152001満開の木蓮の下,保育園に送っていく途中か若いママが娘を高い高いして楽しんでいた。ベランダの山椒が芽吹き桜も開花しそうな勢い、はーるですねー。新型コロナは何時終息するのか先が見えなくて、暗い春なのか…長くて短い人類の歴史だが、このような災難にもしばしば遭遇し何とかそれをクリアしてきた筈。日本の未曽有の国難といえば、鎌倉時代中期の元寇に始まり最近では東日本大震災まで、しっかり対処できたとは言い難くてもそこを潜り抜けてきている。只、1000年の古都 京は言うに及ばず、750年前の鎌倉時代に比して現代人は余りにも軟弱。メンタルで追い詰められやすいし身体的にも堪える力は弱い?外出できずに辛い、ろくな食べ物がない、マスクがないしお金もないに耐え抜く強さが欠けている?イイエ大丈夫、私たちはこの災厄をきっと乗り越えて新たに歩みだしてみせる。Photo_20200319095001勇ましいイラストはヨシタケシンスケ様作、コロナに負けないぞーと清少納言が気合を入れているつもり。

春はあけぼの(いとをかし!)やうやう白くなりゆく山ぎは  すこしあかりて紫だちたる雲の 細くたなびきたる 「枕草子」は1000年以上前の平安時代、一条天皇の皇后定子の私的女官として仕えた清少納言の随筆としてあまりにも有名、これを書いている時点で定子皇后はすでに、藤原道長の娘 彰子中宮に押されて没落傾向にあった。10歳以上年下の定子をめでたし!と称賛し、そのサロンを活写して決して泣き言は言わない、清少納言もお見事。私たちも地味に手洗い,適度な休息、家庭料理は(大根田楽を翌日は麻婆大根に)変化を持たせて新型コロナを撃退いたしましょう。



| | コメント (1)

金木犀

台風19号の被害にあわれた皆様に心からお見舞い申し上げます。穏やかで悠々と流れるイメージの千曲川や阿武隈川がまさかの大氾濫、あれから10日以上経ったのに泥だらけの家屋、冷蔵庫や戸棚、建材などの災害ゴミが数百万トンも発生して自治体の処理が追いつかない。世界中の気候変動に私たちは何ができてどう対処するか、スウェーデンの過激な16歳、グレタ・トゥーンベリさんの環境発言にも一理ありますね。

Photo_20191024075504  Photo_20191024075801  Dsc_1340-1

10月中旬になってやっと金木犀の香が漂い、紫蘇も花咲き穂をつけた。温暖化の最中にあっても季節は動いているのだろうか。

Photo_20191024075603 Photo_20191024075501  Photo_20191024075502

この季節に誕生日を迎えた私は、三百三柄お召しに菊の染帯、フグ提灯顔は小さなケーキのローソクを吹き消しているところ。恒例松茸ご飯と土瓶蒸しは年1回のお楽しみです。えっ?マツタケが多すぎる?そう錦のとり市さんからどっさり求めた松茸を抱えていそいそ帰宅した私に、家族は呆れてものが言えないと文句たらたらでした。米4合に松茸250gお揚げ1/2枚みじん切りで抜群のお味にグーの音もなし…

誰もみな 京ことばなる錦小路 錦市場に飴色の猫  河野裕子  2010年に他界された河野さんが今の錦の変貌ぶりをご覧になったら仰天されるでしょう。京ことばどころか世界各国の言葉があふれる国際見本市場、なじみの店は次々気軽な立ち食い屋さんに姿を変えた。それでも活気あふれる錦ですがちょっと寂しい。金沢の近江町市場のような変革なら大賛成ですが。北欧フィンランドの政府支給のバースディボックス、50000円相当の衣類とベビーベッドになる段ボール箱、段ボールベッドを開いてきれいにベビー服が並んでいる写真は、実際に購入されたⅯ様提供です。どうすれば出生率が上がるか、地球環境も大切、生まれてくる子供の未来を考えてこんなプレゼントが届いたら嬉しいでしょうね。

Photo_20191024075601  Photo_20191024075602

 

 

| | コメント (0)

邯鄲(かんたん)のゆめ

  名残の雨と共に平成は去り令和となった。見上げればハナミズキは群舞し、わたし好みの都忘れも可憐に咲いている。10連休の方々も多い今年、それはどこの世界のこと?相も変わらず自宅と助産院往復の毎日、気になる患者様数人を見た後はワタシ時間の始まり、いつもより丁寧におかず作りに励み、いつか読もうとツン読だった上橋菜穂子さんの鹿の王水底の橋』開いて満足満足‼  

Dsc_1047  Photo_15家族は仕事中毒の私を危惧して昨年のGWは香港に引っ張り出してくれた。

が、その旅行中に上階の水道管が破れて もしかして助産院に大量の水漏れが…と管理会社からの連絡が入る。胸張り裂ける思いで全行程を終え駆けつけてみれば、ほんの僅かに床が濡れている程度でやれ有り難や嬉しや…でも、何も気づかぬ見えぬで通してきた神聖な仕事場が妙に薄汚れて見える、ピンチはチャンス、この機会に床のコルクは言うに及ばず、助産院を一気にリニューアルしーましょ¡看板から赤ちゃん用の畳まで替えて気分一新、そんなこんなで私の平成は10年一日どころか30年一日あっという間に過ぎてまるで【邯鄲のゆめ】?  【邯鄲のゆめ】とは中国の唐時代の沈既済様の『枕中記』にある奇譚です。30歳近くの主人公盧生(ろせい)は官吏登用試験に落ち続け、現在は邯鄲=趙の首都近くに住まい、僅かな田畑を耕して暮らしている。しかし心の中では男たるもの見事試験に受かり高位高官になって、国を動かし栄耀栄華を極めたいと願っている。盧生が畑仕事の帰りに粗末な着物で茶店の前を通りかかると、道士呂翁が休憩しており店主は高粱を炊く準備にかかっていた。   道士とはまあ修行を極めた仙人とでも解釈なさって下さい。                                盧生はフラフラと茶店に入り、呂翁と意気投合して心中の願いを語る。でも現実はこの通り、次第にしょんぼりしてゆく盧生に「お前さん疲れて眠そうじゃの、この枕でひと眠りなされ、これは何でも夢の中で願いをかなえてくれる枕じゃよ」。盧生は枕の空洞から夢に入り、立身出世して50数年の栄耀栄華生活を送り、己が息を引き取る所までを見てハッと目が覚める。醒めてみれば店主が仕掛けた高粱はまだ炊き上がってもいない。ほんの短時間だったんですね 人生は何と空しい……邯鄲一炊の夢とも言う、この物語が成立した730年頃の日本は平城京時代ですね。

Photo_18 Photo_21   Dsc_1056_1 Photo_19    


人生が空しくても食欲は全開、タイミングよく長岡京のFさんから朝掘ったばかりの筍様到着、アクもエグミもほとんどない筍ですが寸胴や大鍋を駆り出し、鍋に入る大きさに根元を数センチづつ切って穂先も落とす、縦に一筋包丁目を入れて水から茹でます、オッとぬか一掴みと丸のままの鷹の爪2本を忘れずに、一時間ほど茹でたらナベのまま一晩おきます。筍は動物性たんぱく質好きなので、大きく切り たっぷりのかつおだしでゆっくり含め煮 更に追いガツオまでして旨味を閉じ込める。添えるのは青フキも美味しいけれど、我が家は1cm厚さの麩嘉のヨモギ麩をさっと煮てが定番。

木の芽和えに茹でたほうれん草を加えるのは、和え衣の増量サービスではなく「青よせ」と言って白田楽味噌と山椒の葉っぱだけだと碧が色あせてきれいにみえないからだとか…ところで富山湾のホタルイカ今旬ですが、ホタルイカの目は盛り付け前に取り去りますか❔  できるだけ人の手が入るのを嫌う私メは口の中で取り出す派、家族2人は前もって取った方がおいしィよー😃

Photo_16

この頃見かけなくなった「屋根よりたーかいこいのぼり、府庁近くの麩嘉本店の屋根で泳いでいました。5月5日は子どもーの日で決まりだったのに 、急に職能団体から「国際助産師の日です」ポスター貼って周知徹底してくださいって言われてもちょっと無理ですよ連休中ですしね。

| | コメント (0)

行秋や(ゆくあきや)

伊予大洲には高齢の伯母がいて、たまに私が着物でブログに登場するのを楽しみになさっているご様子。それにしても今年の夏は暑かった…九月の一重は超多忙も重なってとうとう袖を通さずしまい。さすがに十月中旬の誕生日祝いには、かなり重い腰をあげて明月院吹き寄せ小紋と赤坂福田屋の青海波の帯で装ってみた。いくつになっても誕生日を祝ってもらうって嬉しいものです。

Photo_11 Photo_9Photo_5吟味された御馳走の数々、持ち込みの可愛いバースディケーキと美味しいシャンパン、最高の夜でした。仕事に行き詰まった時や考えがまとまない時、私は、ゆっくり歩いて二条城を一周することにしている。ハナミズキはすっかり紅葉して真っ赤な実をつけ、生垣のピアカンサスも赤と黄の実が鈴なりで小鳥たちのかっこうな餌場を呈している。でも秋の風物詩は何といっても正倉院展である。開催期間が2週間と短くハラハラドキドキ時間をやりくりして、今年も何とか間に合って宝物の数々にあえた。

Img_20181013_174934_2Dsc_0710 Photo_4 

Photo_2   Img20181109_14395317_2

 

Photo_4Photo奈良公園で草はむ鹿は角を切られて気のせいか元気がない様子。今年は56点の展示品があり、目玉の一つはこの豪華な室内履き 繍線鞋(ヌイのセンガイ)756年頃のもので4足しか残っていないうちの1足です。当時の貴婦人がこれを履いて登場したら凄いでしょう。展示室の最後は私の大好きな古文書、これは月借銭解(ゲッシャクセンゲ)です。Photo_3写経所の職員が月ごとに一定の利息がかかる借金をしていた申請書兼借用証書、天平のペーパ―ローン、別に生活に困っての借金ではなく月利13%を支払って何か趣味にでも使ったのでしょうか?行秋や  さゞ波の立つ  潦 ( ゆくあきや さざなみのたつ にわたずみ)  小澤碧童 (1181-1941)  晩秋のある日、雨が降る庭を眺めていたら溢れた水が潦=水たまりを作っっている。(にわたずみは水たまりの古語)そこに少し風が吹いてさざ波が立っている、寂しいなぁ今年の秋も行ってしまうのか   潦で思うのは、古事記下巻にある仁徳天皇の皇后
磐之媛
(イワノヒメ)である。4世紀半ば難波高津宮(大阪市東区辺り)に都をおいた仁徳天皇は聖帝と讃えられる一方美女に目がない女好きときている。
新嘗祭の翌日の宴のために酒器に使う御綱柏を取りに紀ノ國に向かった磐之媛の留守を狙って?仁徳大王は矢田の皇女を後宮に入れて有頂天!これを知った磐之媛の怒りはまさに怒髪天を衝く勢い。キーッこれで何回目なの 3人も皇子を産んだ私を差し置いてまたも浮気か!許せない!御綱柏全部海に投げ捨て、仁徳大王のもとに帰らず、筒城(つつき現在の京都府京田辺市)に宮を置きます。天皇は口子の臣を使者に立て磐之媛をかき口説きます。ナア磐之媛さんやその真っ白な大根のような腕を‼を枕に共寝した仲やないか許しておくれやっしゃ…大雨が降ってができ腰まで水たまりに浸かって平伏し続ける口子の臣、衣の青摺りは赤い腰の紐の色に染まり真っ赤になる…印象的なシーンでした。嫉妬深い磐之媛とされて後世の評判は芳しくないのですが、誰よりも仁徳さんを愛していたのです。ゆえに一度振上げた拳は元に戻せない大豪族葛城氏代表として皇后になっているのに何であなたの元に戻れましょう…古事記ででは蚕の三態変化を見て直りしたことになっていますが、日本書紀では皇后は筒城で亡くなくなっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

       

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

大暑(土用)のスイカ

1年で最も暑い大暑、今年は7月23日でしたが特定の日だけでなく、8月7日頃までの2週間程を指すという説が有力です。毎年大暑に合せて、長野の土肥農園のドスイカを届けて下さるのは学生時代からの友人Hさん。スイカの歴史は古く、原産地は5000年前の中央アフリカの砂漠❓ らしい。かのエジプトの王家の墓の壁にはスイカが描かれ、ツタンカーメン王の墓からは種が発見されている。水分糖分カリウムで疲労回復、何より美味しい!!ランチョンマットの派手なトルコの小鉢には、自家製の梅塩、朝晩頂いて元気がでました。

 

 

 

     

 

Photothumb1           Photo_4       Photo_14

月初めからの西日本豪雨、休む間もなく38℃越えの歴史的猛暑が10日以上とあっては地球がどうかなったのかと恐れていたが、祇園祭に合わせてセミの大合唱が始まって一安心。真に「セミと赤ちゃんはなくもの…どちらもなかなくなったら地球は終わりよ」です。

Photo_7   Photo_10   Dsc_0546_2

祇園祭 前祭りの巡行トップを行くのはクジとらずの長刀鉾菊水鉾は17番目 平安京の869年から続く日本三大祭です。794年の平安遷都から70年余、湿地の京に多数の人口が流れ込み、下水処理などインフラ整備が進ます疫病が大流行する、帝位を巡って権謀術策入り乱れ敗れて非業の死を遂げた早良親王達…怨霊になって祟ると恐れられ、864年富士山大噴火、869年陸奥で貞観大地震が起きる …社会不安は増すばかりとあってはもうたまりません。 

 

Photo_12  Photo_9この869年、卜部日良麿さまが日本国の数を表す66本の鉾を立て、その矛に諸国の悪霊を移し宿らせ神輿3基を送り、御霊会を行ったのが祇園祭の始まりとされている。山鉾それぞれが意匠を凝らした厄除チマキを配っているが、「蘇民将来の子孫なり」とあるのは同じ、牛頭大王と蘇民将来のお約束で、これを玄関にお飾りすれば疫病退散家内安全になるそう。暑い時にこの祭り京の町衆の心意気や良し、負けじと私も夏大島に川島の白波模様名古屋。少しも暑くありませんという顔が大切。 白バッグの一枚は、雪三郎の源氏香の付け下げ、ここ数年濃き色が似合わなくなり、夏大島も焦げ茶の雪三郎も避けていたがエイっと掛け声で着てみたら何とか似合わないでもないか…大暑には3日3晩梅を干す大仕事が残っていた。

Photo_13  Photo_14  干し上げた梅は、消毒した瓶に赤ザラメをパラパラ振り入れ、焼酎を吹きかけ一緒に干した赤しそをかぶせ2018年のラベルを張って終了。この梅干は眠れないときに一粒含むと落ち着き、青魚の料理、ローマの真珠(ピンポン玉くらいの新玉ねぎのスープ煮の隠し味に)と大活躍です。

Photo_18

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む "大暑(土用)のスイカ"

| | コメント (0)