« 通り抜ける空 | トップページ | 武器とくすり   第72回正倉院展 »

AYA世代(あやせだい)

ここ半年ほど、届いた専門書にすぐ目を通す珍しい習慣ができた。    周産期と悪性腫瘍を読んでいると目慣れない言葉にドキッ、AYA世代がん❓         2010年ごろから登場してきた言葉で、思春期.若年成人世代( adolescent and young adultAYA)と丁寧な解説がある。定義には諸説あるが、ここでは15歳から39歳の年代を指していた。AYA世代は、小児がん.成人がんどちらも発症し診断が遅れたり治療の選択肢が限られたりと問題が多い。   ただ、自分はAYA世代だと認識している方があまり多くない現実から考えると、一般に浸透するのはもう少し時間がかかりそう…    
Photo_20201025075701Hanamizukimi 2_20201025075901 マスクの中まで漂ってくる金木犀の香り、ハナミズキも赤い実をつけて小鳥たちを誘っている。10月中旬、恒例の私の誕生日祝いを「新阪急美濃吉」でしてくれるという。   さあ困った、マスクという隠れ蓑の下でのグータラ生活、髪はちびまる子ちゃん風ショート、易きに走るは人間の常、化粧は勿論 顔の手入れもせず放置していたツケが回ってきた。   金屏風の前で冷や汗ものの記念撮影 着物は望月間道(もちづきかんとう) 帯は更紗に部分佐良刺繡のしゃれ袋、着物風ヘアは専属美容師の敢闘賞ものかな。顔❓ 魔法鏡で見ることにして開き直っています。

Photo_20201021140901  Photo_20201021141001  Photo_20201022170501 Photo_20201022192801   仲居さんと板前さんのサービスよろしく、秋色前菜に始まり名残の焼き小アユを特製酢味噌で頂くのも美味。家庭料理とは格段違う材料とおもてなし、最後は持ち込みの、大阪ヤカタさんのアップルパイをモリモリ頂き大満足の一夜でした。    コロナと共存の新しい休日習慣は、伏見のお稲荷さん詣で。早朝7時前に阪急を降りて四条大橋を渡り、南座を見ながら京阪乗り場へ。早朝のお稲荷さんの境内は清々しく、多少 気力が弱っていても霊験あらたか、元気になる。(ほんとかな)千本鳥居を抜けおもかる石までが通常コース、気持ちに余裕があればもう少し足を延ばす。何しろ気力.体力勝負の助産師業、お稲荷さんの坂道山登り、石段の昇降が元気の秘訣? 生花を求めて毎週の錦へのお出かけも復活した。

Photo_20201025082501   Photo_20201025083801  あざといちゃっかり は褒めことば?になりつつある。ちゃっかりあざといお嬢さんと親しくなるのは難しそう。じわるは国語辞典にも載っているとか、ン見、ガン無視、頑張ったぜワンチャン、言葉は急速変化を遂げている。ワンチャンはチャンスの前髪をつかめ、チャンスは禿げ頭(失礼)の意らしい。チャンスの神様はギリシア神話のゼウスの末っ子さん、カイロス様ですって。

5_20201024130401   この下を向いた、前髪だけふさふさの美少年が一瞬のチャンスの神様、カイロス様、いつも一緒のクロノス様は、過去―現在―未来と連続して流れる時間を司どっておられるそう。

 

|

« 通り抜ける空 | トップページ | 武器とくすり   第72回正倉院展 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 通り抜ける空 | トップページ | 武器とくすり   第72回正倉院展 »