« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

『ミレニアム』が還ってきた!

2005年に出版されたスエ―デンの作スティーグラーソン推理小説『ミレニアム』3部作は、全世界で熱狂的歓迎を受けた。ドラゴン.タトゥの女」「火と戯れる女」「眠れる女と狂卓の騎士」から成り ヒロイン リスベット.サランデルはアスペルガー症候群(一種の天才だが人との付き合いが下手)なハッカーという設定。背中にドラゴン・タトゥーを入れて魅力的.暴力的.危険この上なし。 ヒーローはバツイチの中年 敏腕の記者で雑誌『ミレニアム』の共同経営者ミカエル.ブルムクヴィスト。残念なことに作者のラーソンは『ミレニアム』の成功を見ることなく2004年に50歳で世を去った。もう会えないと諦めていたミレニアム4「蜘蛛の巣を払う女」は、ダヴィッド.ラーゲルクランツが書き継いだが、これが抜群に面白い。サヴァン症候群 の少年アウグストも個性的! この本のおかげで  勝れなかった体調も万全とはなっていませんが、まずまずに戻りました。低い樹の花は蝋梅地面はタチツボスミレです。この季節は、インフルエンザ大流行の時期でもあります。皆様は大丈夫ですか 

Photo_2 Photo_5 こんな時は可愛い赤ちゃんたちに登場してもらって大いに癒されてください。トップバッターはふみかちゃん、大好きだったおっぱいを15カ月で卒業しました、どうです、このしっかりした表情!賢くて可愛くて我慢強いのはママ似。白いベビー服がお似合い、1月25日生れの第4子しゅう君です。兄のたいせいくんに続いてママのゆりこさんの努力で母乳で育っています。

Photo_10Photo_2ピンクのベビー服のゆきのちPhoto_11 ゃん1月20日生れで、初登場の日 若いおばあちゃまは、伯父ちゃまの断乳証書を掲げて入ってこられました。今では母乳を上手に飲んで赤ちゃんの愛らしさ満開です。Takahasi初めまして、ふうたくんの妹ふみちゃん、2月3日節分の日生れです。ただ今母乳努力中ですが、可愛くて 泣かれるとついつい抱っこしたくなります。しゅう君やゆきのちゃんふみちゃんの頃は、夜も眠い目をこすりながら授乳される方がほとんですね。先日話題のNHKスペシャ「ママたちが非常事態!?」を見て、何に驚いたかと申しますと、赤ちゃんに起こされて時間を確かめるのが時計ではなく、ケータイだったこと。ほとんどのママがケータイで時間を見ると…私メいまだにケータイは話をするだけ、枕元には目覚まし時計をセットして休みます。

Photo_7Photo_2

壬生寺の節分会、毎年何気なくお詣りしていますが、某内科の先生は節分会は、他人の落とした厄を拾って風邪やインフルエンザに罹患しないようご注意あれですって…

Photo_5Photo_3PhotoPhoto_8_Dekiagari我が家では、山のように海苔巻きを作ってわいわいがやがや、女子が大口あけて無言で1本食べるなんて無理でございますわよと恵方の南南東 は気にもとめず、一口サイズにカットして戴きました。もちろん来てねと念じつつ…

 

    

 

   

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む "『ミレニアム』が還ってきた!"

| | コメント (3)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »