« 2012年2月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年3月

春一番は吹かなかったけれど

近畿地方は 昨年に続いて今年も春一番が吹かなかった。♪春一番が吹き荒れたあとは50代以上の方たちのアイドル山口 百恵さんの「愛染橋」の出だし。春一番とは例年立春から春分の間にその年初めて吹く南よりの(東南東から西南西)強風。その日はポカポカと温かくやっと春かと思いきや翌日から又冬型に戻ってしまう。三寒四温 京の人々は「二月堂のお水とりが終わるまでは」と言い交ながら辛抱強く春を待つのである。左は待ちかねた「鉢植山椒」の赤ちゃんの芽ぶき、右の赤ちゃんは生まれて3週間のMANATOクン。今回兄に続いてイケガミメンズクラブ(イケメンクラブ)予備群に配属されました。因みにママもここの卒業生、いわば母乳育ちのサラブレッドです。ここで皆様にうれしいご報告。ともかくも寝よ 受験の終わりたる  当助産院の卒業生たちの受験をハラハラしながら見守ってきた私としては、続々と飛び込んでくる志望校合格ニュースに思わずうれしナミダ涙です。おめでとう、これからもがんばってね。そして今年は桜散るの君にひとこと 来年こそ大丈夫だよ。だって君は母乳育ち、母乳で育てることはご両親の優秀なDNA更にパワーアップすることですよ。信じています。Photo_3 Photo_6 

3月はとにかく忙しい、えッいつもそう言っていますって それもそうかと納得、恒例のS医大助産過程の実習もあり、写真ではのどかに見えるが押し寄せるcare希望者への対応に追われ、学生そっちのけで申し訳ない実習であった。反省…反省ついでにJJSIで女子ばかりアップしていたらマザコンイケメン達があふれてしまい、今回はイケメン群に絞ります。前歯3本がにこっと見えるRYUUSEI君この笑顔の裏に彼は恐るべきパワーを持っています。キンタローさんカットのSYOクンはなぜかベッドに上がると神通力を失いますが、眠っているとき以外はいつも走っています。この二人はもうすぐ春の別れ 卒乳予定。

Photo_5 

 

紫をバックに緊張しているYUUSUKEクンは14ヵ月、春の別れ予定組。いつもおしゃれなスタイルは東京の若ばあばのご提供か  チェックのシャツでぎこちなくほほ笑むHIDETIKA君は16か月、マザコンの星と呼ばれてまだまだ母乳でがんばるママにしがみついています。最後に大物KENNSINN君、まだ1歳前なのにこの風格、体重も大物で飛びきりの笑顔で美人のママと優しいチーまま(小学生の姉)、デレデレのパパの愛を独占しています。寒さと多忙を理由にぐずぐずと着なかった着物もそろそろ袖を通そうかと茄子紺の地色に大胆にカトレアをアレンジした小紋でお出かけ。帯は中川善子さん作の桜の名古屋加藤萬の帯揚げと道明の帯〆という取り合わせ。

この季節にふさわしい西脇順三郎(1,894~1982)ので締めましょう。



南風は柔い女神をもたらした。
 
青銅をぬらした、噴水をぬらした、
 
ツバメの羽と黄金の毛をぬらした、
 
潮をぬらし、砂をぬらし、魚をぬらした。
 
静かに寺院と風呂場と劇場をぬらした、
 
この静かな柔い女神の行列が
 
私の舌をぬらした。

 

 

 

Odekake

| | コメント (6)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年6月 »