« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

春は隣に

桃夭 とうよう

Hina桃の夭夭(ようよう)たる
灼灼(しゃくしゃく)たり その華
この子 于(ゆ)き帰(とつ)ぐ
その室家に宜しからん

3千年前の中国の詩経にある四言詩、結婚を控えた女子への 幸せになってねという思いが伝わってくる詩です。仕事場の玄関の季節飾りは伊予一刀彫の雛ですが、春にはまだまだ遠い冬模様の日々。楽しみは帰宅後の温かい夕食とゆっくりできるお風呂だけというある日、25年も愛用(酷使?)のお風呂が故障して全面リフォームする羽目に成りました。4日ほどお風呂も洗面所も使えない日々を何とか凌いで出来上がった洗面所と浴室を見て、!!! 小改造ビフォァアフターあまりにきれいで使うのはもったいない。とても自分の家とは思えない豪華な仕上がりです。ワァ大変各人のお風呂用タオルやシャンプー石鹸など色も容器もバラバラ小物を戻そうにも、こBeautiful お風呂には全く不似合、ぜーんぶ買い換えましょうかというときにハッと思い出しました。 Photo

なさま ディドロー効果ってご存知でしょうか?18世紀の哲学者ドゥニ.ディドローが美しい深紅の部屋着をプレゼントされ、今まで居心地良く暮らしてきた部屋の物ー机やイス本棚などーが何もかも古びて汚く見え、新しく購入して優雅で美しくしたのです。部屋着にマッチしたエレガントな部屋に座った時、彼は居心地悪いな~と感じ、すべてを取り換えたことを深く後悔した話です。慣れた暮らしが一番というわけで、お風呂椅子だけを新しくしてすべてを戻し 眼を挙げれば物干しハンガーが下る何とも居心地の良い庶民のお風呂場となりました。リフォームなってほっと一息、嬉しいことに京都市内の某有名シテイホテルの宿泊券をプレゼントされ、喜んでお出かけです。

   冬枯れの山はそのホテルの裏山、ツインの立派なお部屋の窓際に立つのはチエックインしたばかりの私です。自慢じゃないが学会でも私用でも旅の宿はビジネスホテル、どうかすればイギリスのB&Bも顔負けの安い宿しか泊まったことがないのです。えッ丸いお皿は何かって?そのホテルで頂いた夕食のコースの一つ、やはり家庭料理とプロは違いますね。あとは写真を撮るのも忘れてひたすら美味しく頂きました。  

さてお待ちかね競争も激しいJJSI-日本女子相撲クラブIKEGAMI-第3回の発表です。

今回のテーマはカミです。ふさふさカミの美少女はMINAMIちゃん16か月、HUUKAちゃん5か月はリボンには程遠いカミですが瞳の美しさで魅了します。お兄ちゃんにもよく似ていますがやはり SAHOちゃんは可愛い!  5か月、 MOMOKAちゃんの愛嬌ある福顔は将来美女を予想させます。紫セーターの美少女YUMEKAちゃん1年かけてやっと泣かなくなったね。

         

しんがりの黒1点 YUUZIROクンのカミは先日までふさふさだったんだよね。パパにバリカンされてますます大物の風格が出ています。毎日豪華なホテルディナーとは参りませんので、今夜は冷凍スルメイカと大根の炊き合わせにいたしましょう。丸大根は新鮮なら皮は剥かず4つ割にして1.5センチに切り、大根が浸かるくらいのひたひたの水を入れ、和風だしパックも放り込んで水からゆっくり20分位煮ます。冷凍イカは墨袋を破らないように胴と足を離し、耳を落としてワタもきれいにとっておきます。胴は1センチくらいの輪切り、耳と足は適当に切ります。別鍋に水と酒100mlづつ入れ、砂糖大さじ2、薄口醤油大さじ2を加えて沸騰したらイカを入れ、強火5分くらいでイカを取り出します。イカは長く煮ると固くなりますので。  イカの煮汁の中に柔らかく煮えた大根を頂くだけ暖めるように煮ます。だしパック大根はうす味をつけなおして上等のおあげと煮て別の一皿に。あるいは柚子みそをかけてフロふき大根ににしても美味しくいただけます。 日毎に猫の目ほどずつ日あしが伸びて春はもう隣まで来ていますね。

| | コメント (8)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »