« 2011年9月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

りんごジャムの季節

レイチェル・カーソン(1907~1964)の「センス.オブ.ワンダー=神秘さや不思議さに目をみはる感性」をゆっくり読み返す。「沈黙の春」で一躍有名になり環境問題を告発した闘士のように思われがちな彼女だが、56歳で没するまでナイーブな感性を持ち続けている。甥のロジャーにあてた本書は森本二太郎氏の写真もみずみずしく育児中のあなたにお勧めの1冊。

さて冬が来る前に我が家の年中行事 1年分のりんごジャム作りを行いました。煮詰めてゆく過程で味見希望者続出の楽しい仕事です。ここでは作りやすい分量で紹介します。

Ho   Photo  Dekiagari

  美味しい !  りんごジャム

   材料:紅玉1kg  5個くらいでしょうか  グラニュー糖400g、りんごの酸味が不足ならレモン汁小さじ2位

作り方:   きれいに洗ったりんごは皮つきのまま8つ割り、芯と種を除いて鍋に並べる。  ホーローかガラスの鍋にりんごを並べ 水100mlを入れて蓋をする。強火15分、かきまぜないこと。③りんごが柔らかくなったらバーミックスかフードプロセッサーでつぶし、ストレーナー(取っ手付き金網ざる)を通して滑らかになるよう 濾してください。 鍋で容器の消毒開始  鍋をきれいにして、水100mlを入れ中火、砂糖を加え煮詰めて蜜状に、この中になめらかにした果肉を戻し、アクを取りながら焦げ付かないよう時々かき混ぜて30分くらい。火傷注意!   容器も熱いジャムも熱い時に詰めてください

みなさま、お待たせいたしました。いよいよ『JJSI 名づけて日本女子相撲クラブIkegami 」予選をパスした可愛いお子様方の登場です。熾烈なセンター争いは発生するでしょうか  左からKANAちゃん,センターのAYANE ちゃんは6か月、右は卒業生のAOIちゃん。3  Pea_2

黒1点、くりくり頭のイケメンYUKIHIROクンは9か月。毎月 滋賀県から来ています。右はMOMOちゃん、3番目の甘えっ子、12月末にはお誕生がきます。

Photo_2

左はAI ちゃんもうすぐ7か月、 Nanamiちゃんは11か月になるね。

みなさまが「京のゆめ」にわが子を登場させたいと強く思っていらっしゃるなど全然知らず、気が向けば、ちょっと記事が足りない時にカメラを向けて登場していただいているだけです。ワイロ? どうしてもという方は好物は銀座 空也の最中と自分では買えない上等のブランデーだとコッソリ?公開  しますのでどうぞ。

Photo_4冬が近づくと日陰にひっそりと咲く、石蕗(ツワブキ)を見かけます。解毒排膿に効果があり、恩師桶谷 そとみ先生が愛しておられた花です。入院中の子供たちは一日も早く退院して、また、元気なお顔を見せてくださいね。待っていますよ。

   

 

 

 

 

 

 

 

 


  

 

 

 

続きを読む "りんごジャムの季節"

| | コメント (3)

三重から奈良へ

10月最後の月曜日、さあ今週も元気でとベッドを出た私は、何気なくカガミを見て思わず悲鳴を上げそうになった。顔の右半分が米粒大の赤い湿疹で占領されかかっている。痛くも痒くもないが、還暦過ぎの私でも「ユーウツな症状」に違いない。たった顔の湿疹くらいでギャーギャー騒ぐのに、カフカの「変身」の主人公 青年ザムザのように、ある朝自室のベッドで目覚めると、自分が巨大な毒虫になってしまっていることに気が付く…  こんな不条理の極みをどう受け止められよう。
Photo

思えばハードスケジュールの10月であった。恒例の三重大の授業、学生も先生も熱心で 素晴らしい助産師たちになってくれると期待してこちらも心弾ませ、実習にも熱が入る。Minorito_sara本業も多忙を極め、30年も狭い母乳の分野で仕事をしているのに、ボンヤリで気がつかなかっただけか、「目からウロコ 初めての症例」 が数例もあった。誠に臨床は待ったなし、走り続けて時々考えるスタイルである。 左は3ヵ月のMinoriちゃん、右は4ヶ月のSARAちゃん、母乳育ちで発育発達とも申し分なしの福顔の女児たちに会う楽しみも待っている。Photo_3Photo_4その多忙に拍車をかけるのが、奈良正倉院展である。今年は招待券も頂戴して、10月29日雨の日曜に早朝から出かけた。着物は琵琶を織りだした訪問着仕様の大島、帯は紫シキブの染名古屋、帯締めは道明の厳島組、定番秋のお出かけ着というところ。

KosekiPhoto_9

今年の呼び物は、織田信長をも魅了した香木 黄塾香(蘭奢待)と聖武天皇ご遺愛の儀式用太刀二振り。 蘭奢待写真下には、足利義政、信長、明治天皇が切り取ったとされる3か所の付箋が付いている。豪華な太刀やきらびやかな碧地金銀絵箱も素晴らしいが私を魅了して止まないのは、庶民の哀楽を語る数々の古文書集である。よーくよく目を凝らさないと読み取れない「養老五年 (721年)下総国戸籍」には、映画「フーテンの寅さん」の兄妹の名前がここから採ったとされる トラとサクラが記載されている。  下総の国は現在の千葉県から茨城県の一部と東京都隅田川あたり迄を含む。  フーテンの寅シリーズ あの渥美清さんと倍賞千恵子さんもびっくりか?
山田洋二監督って粋な方ですね。この古文集の 戸籍も30年たったら廃棄処分となる運命であったが奈良時代の紙は貴重品、その上かなり規律が緩んでいたらしく、20年後の745年は、裏面が写経所文書として再利用され、現代に残ったという次第。顔面の湿疹は週末には跡形もなく消えましたが、福岡伸一ハカセ命名の「放蕩息子のー鼻風邪ウイルス」が戻っています。

続きを読む "三重から奈良へ"

| | コメント (1)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年12月 »