« 小型連休 | トップページ | 梅仕事 »

親心

「母の日」ですね。カーネーションと一緒に「お母さんありがとう」なーんて改めて言われると、ウルウル来て、涙で花が霞んで見えなくなるからそんな大仰なことはやめてね。       それにどっちかというと、カーネーションより垣根のバラや路地の都忘れが好き、なんてちょっとへそ曲がり? 今回は断乳.卒乳シリーズ第2弾

Photo_7                     Akari_2_3Photo_5

写真の未来美人はAKARIちゃんとHANAちゃんです。  AKARIちゃんのお母さんは、彼女をギャーとるずと愛称するクールかつ知的な方ですが、無事卒乳したわが子を「びっくりする位 賢くなって、豆電球に昇格」と絶賛 HANAちゃんは、ベトナムから一時帰国してのバイバイです。 いつも感心するのは、母乳育児を続けた母の強さ、優しさです。  お産したばかりの時は、赤ちゃんの空腹を満たすだけの十分な母乳は出ません。TASUKU  ちゃんSOUTAちゃん、MAOちゃんの お母さんも、

Photo_8Photo_9  Photo_10

夜中も何回も起きておっぱいあげて 眠気ををぐーッと耐えてきました。 母乳のお母さんに睡眠不足なんてない、お母さんは赤ちゃんと一緒に上手に細切れ睡眠をとるから、なんておっしゃらないで下さいね。 母乳育児のお母さんも、夜はやはり 眠いのです。  眠気や疲労をものともせず母乳を続けて3か月経つと、 何とか軌道に乗って、赤ちゃんの「アーウー」という喃語を可愛いと思えるようになるのです。 中には、 1年余も、「布団にも横たわらず、ずーっと抱っこしてまるで即身仏状態」で、おっぱいをあげ続けていた方もいます。彼女はいつもニコニコとお子さんと一緒に登場して、微塵も辛いなんてこぼしませんでしたが、ひょんなことから即身仏状態が判明。

彼女がもうすぐ仕事に戻ることになって、ご夫婦の間に母乳論争?が勃発したのです。お子さんを保育園に預けて、夜は母乳を続けたい、と希望する彼女に、「仕事もして、夜もその状態じゃ、彼女の身がもちません」とパートナー氏。 解決策? もちろん、お二人で十分 話し合われて、母乳は続行 ただし、即身仏状態解除で決着です。  ここまで行かなくても、子を授かって育てる父も母も、見えることばかりではなく、見えない努力を重ねているのですね。実は私、親心を誤解していた ことわざ があります。「焼野の雉子、夜の鶴 やけののきぎす よるのつる」は、子を思う母の愛だと思い込んでいましたが、あれは親心なんですね。火が迫っても野原のキジは雛を守ろうとし、夜の鶴は凍てつく夜も羽の下に子を抱いて暖める 話題の佐渡のトキもペアで抱卵していましたよね。 鳥の世界ならいざ知らず、現代にはそんな親心を持つ親は少ないのではないかと思うのは、大間違い。 大丈夫、私が見る限り 結構、子育てにチチもハハも頑張っていますよ。

|

« 小型連休 | トップページ | 梅仕事 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 小型連休 | トップページ | 梅仕事 »